10/03/2021

プレゼン・ストーリー ver.3.1a(フル・バージョン)

【太郎くん、柏を訪ねる】










                                  ↑クリックで動画へ


 2013年3月10日、アミュゼ柏。
 かしわ市民大学第二期の修了式が行われた。そこで砂川さんが率いるシティプロモーションクラスの発表も行った。遊び班はプレゼンを朗読劇で行う、というチャレンジをした。
 そこに至るには紆余曲折があり、一時は決裂しそうになった。
 それを乗り越えてのプレゼンであり、充実感があった。
 太郎くんは、竹中さん、柏じいじが、及川さん、ナレーターは三嶋さん。イラストは松村さん。シナリオはトコロが担当した。これは、そのオリジナルシナリオである。実は、プレゼンが始まってから、急に思いついて、iPhoneで動画を途中から撮影した。その動画を編集したものは、上の画像からリンクしてあるので、ご覧いただける。


   ———————————————————

スライド
1 (手書き文字で、タイトル「太郎くん、柏を訪ねる」)


(ナレーター)

「遊び班」のプレゼンには

太郎くんという主人公が登場します。


スライド2 (イラスト・太郎くん、こちらに歩いてくるイメージと、以下の文字)


(文字 / ナレーター)

2013年生まれの元気な少年・太郎くんが

10年後の2023年の未来に

10歳になって

カシジイジの住む柏を訪れます。

これから少しの間、

太郎くんと一緒に想像力の翼を広げて頂き、

太郎くんの生きる未来の柏を

一緒に生きて頂きたいのです。



スライド3 (イラスト・ダブルデッキの上に立つ、太郎とジイジ。人々の賑わいとアートに触れる)


文字 : かしわ まちなか美術館構想

 

(太郎とジイジのダイアローグ)


ナレーター : ひとり柏にやってきた元気な太郎君、駅でジイジと再会。東口ダブルデッキに立ちます。


太郎 : 久しぶりだね、カシジイジ! 柏って、ジイジが言うほどいいところかな? なんか変わってる。デッキの上は、公園みたいで、ミュージシャンの人が歌を歌っていて、人がいっぱい集まってるぞ!


ジイジ : 日替わりでいろいろな催しがあるんだよ。あそこに、いっぱい変わった彫刻があるだろう? 絵の展示もあるね? 柏には大きな美術館とかはないけれど、市民が美術を大好きで、ダブルデッキだけでなく、公園とか、図書館とか、街中いろんなところが美術館みたいになっているんだ。アートを貸してくれる人と、展示する場所を貸してくれる人と、その両方の出会いをアレンジしてくれる人が協力しあって、市民だれもがいつでもアートに触れられるような仕組みを作ったんだ。今では柏市全体がキレイになって、アートがいっぱいの街になった。柏はアートが身近に生きている街なんだ。…ん? こらまて太郎、ひとの楽器を振り回しちゃいかん! 壊しちゃうじゃないか!



スライド4 (イラスト・ダブルデッキ中央にインフォメーションセンター。“TOUCH THE KASHIWA CITY”と建物に大きく書いてある。お姉さんに、マップやパンフを貰う、太郎とジイジ)


文字 : “TOUCH THE KASHIWA CITY”インフォメーション・センター

 

(太郎とジイジのダイアローグ)

太郎 : ね、ジイジ、あれ何?! 何だか、面白そう! 行こうよ!


ジイジ : 目ざといな、太郎は。あれはインフォメーション・センターだよ。太郎もきれいなお姉さんが好きらしいな。(やや小声で)わしも好きだが。(普通に戻って)地図やパンフレットも貰えるぞ。タブレットも貸してくれて、インターネットで柏の情報を何でも取り出せるんだ。そう急ぐな、太郎。


太郎 : ジイジ、こっちに入り口があったよ! 早く入ろう! ジイジ、遅い!


ジイジ : 急かすな、太郎。ワシはこのお嬢さんから説明を受けとるんだ。やれやれ。太郎のやつ、もう柏マイスターを捕まえて質問攻めにしておるわい。


太郎 : ジイジ、知ってた? ここには柏の新しいことが全部揃っているんだって! 柏はいつでも新しいことにチャレンジする街だから、それを応援してみんなに知ってもらうんだって! ジュース飲みたい、って言ったら、ダブルデッキの下で、オープンカフェをやっているから、行ってごらん、って言われたよ! パラソルが目印だって、行こう、行こうよ、ジイジ!


 

スライド5 (イラスト・空中庭園にやってきた太郎とジイジ。背景に、農産物直売マーケット)


文字 : 空中庭園で遊ぶ。駅周辺ビルの屋上活用

 

(太郎とジイジのダイアローグ)

太郎 : ね、あれ何? ジイジ! デパートの屋上に大きな手がかぶさっているよ! 裏側に巨人がいるのかなぁ!


ジイジ : 太郎、あの手は、オブジェというもので、人をびっくりさせて、ビルの屋上に来させるための仕掛けなんじゃよ……。おい、こら、待ちなさい、太郎! ジュースが残っておるじゃろうが!


ナレーター : 太郎とジイジ、デパートの屋上にやってきます。


太郎 : ジイジ、遅い! 屋上が公園だよ! 人がたくさんいて、野菜もたくさん売っているよ! 美味しそうなトマト! 大きいイチゴ! ジイジ買ってよ!


ジイジ そうか。今日は柏産野菜の直売の日じゃな。柏駅近くの屋上は、みんな柏空中庭園と呼ばれていて、そのビルの持ち主と、柏市の役人と、市民が一緒になって運営しているんじゃ。一年中、市民やアーティストが色々な催しや活動をしてにぎやかなんじゃ。だから、みんなが屋上にやってきて、デパートの人も喜ぶんじゃな。


太郎 : ね、そんなこといいからさ! あのイチゴ買ってよ、イチゴ。ジイジったらー!



スライド6 (イラスト・空中庭園の一角で、Kashiwa Awardsが表彰されている)


文字 : 柏市民の総選挙。Kashiwa Awards

 

(太郎とジイジのダイアローグ)

ジイジ : やれやれ、太郎と一緒だと、散財させられるわい。さ、早く家に連れて帰ろう。


太郎 : あれ? ジイジ、何だろう? 何か表彰式をやってるよ!


ジイジ : そうだった、今日じゃったな。あれはKashiwa Awardsと言ってな、市民目線で、消費者に一番近い市井の人々が、最も素晴らしいものを皆で称賛すること、なんだよ。


太郎 : なにそれ、わかんないや! 


ジイジ : 太郎は、AKB48を知っとるじゃろうが。あれとおんなじだ。誰かエライ人が選ぶんじゃなくて、みんなで好きなものを選ぶからこそブレないのさ。太郎のような子供から、わしのような爺ちゃんまで、自由参加で柏のナンバーワンを選ぼう、というものなんだよ。ワシの自慢のカブも出してみっかな! はっはっはっ!


太郎 : じゃ、ぼくも出すよ、ぼくね、ぼくね、ジイジを出すよ! ジイジが柏の一番だもの!


ジイジ : (少し感激している感じで)太郎、お前ってヤツは、……お年玉はまだ先だぞ!



スライド7 (イラスト・手賀沼。ゴンドラ風の船に乗った太郎とジイジ) 


文字 : 都会に最も近い自然。手賀沼に船を復活


(太郎とジイジのダイアローグ)

ナレーター : バスでジイジの家に向かう太郎。ジイジの家は、手賀沼のすぐそばにあります。


太郎 : ねぇ、まだなの、ジイジ。どこまで行くんだよー。


ジイジ : 太郎はこらえ性がないのぉ。先が思いやられるわい。仕方がない、ここで降りるか。ほれ、降りろ、太郎。


太郎 : ジイジィー? ここ道の途中でしょ? なんでこんなところで降りたのぉ?!


ジイジ : 下を見なさい。ここは船着き場だよ! 船でジイジの家に行くぞ!


太郎 : えーっ?! 


ジイジ : 沼に注ぐ川が、国道の下を流れておるんだ。ここから船に乗って手賀沼に行くぞ。ほれ、柏の自然も見事だろう。柏には都会と田舎の両方があるんだよ。船の上から見ると、何もかもすっかり違って見える。美しい。


太郎 : ああ! すごいね、ジイジ! たくさん水が見えて来た! あれ海? ね、海?


ジイジ : (やや諦めたように)どうもわかっておらんようだな。



スライド8 (イラスト・カシジイジの家のバックに柏ビッグツリー。太郎とジイジと、みんなの企画案)


(太郎とジイジのダイアローグ)

太郎 : ジイジの家、でっかいなぁ! 裏庭の木はもっとでっかいけど!


ジイジ : 太郎、お前の夢も、大きく育つといいんだがな。


ナレーター : 人が想像できることは、人が必ず実現できる。

そう言ったのは、あの、ジュール・ベルヌだそうです。

この、私たちの想像の物語と、太郎とジイジの未来の一日は、どうでしょうか?

必ず実現させたい、そう思いませんか?



スライド9(文字のみ)




プレゼン物語「太郎くん、柏を訪ねる」

添付資料

マチナカ美術館構想.ppt

40万人のクリエイターが住むまち・柏.pdf

常に新しいことに取り組む街 (現・2013年1月20日遊び班ミーティング.pdf)

柏空中庭園プロジェクト.ppt

CompeCity KashiwaとKashiwa Awords(現・発表資料_構成検討_20130206.xls)

手賀沼水運復活計画.ppt
(上記は、発表当時の添付資料で、遊び班の各メンバーによるもの。因みに、ぼくは、「柏空中庭園プロジェクト」と「手賀沼水運復活計画」のふたつを提出した)